看護師専門知識

看護師になる方法や専門看護師を目指す方のための情報を公開!

子供の頃に看護師と言う仕事に憧れを持った方は多いのではないでしょうか。

風邪をひいたときに病院に行って、優しく接してくれる看護師さんに憧れを抱いた方が多いようです。
しかし実際臨床現場では単なる憧れだけでは語れないほど多忙な業務を送っています。
また多くの患者様や周囲のスタッフとコミュニケーションを図っていく看護師の仕事は精神的にもかなり疲れが出ます。
看護師の業務は、患者様とコミニケーションを図っていく中で必要な看護処置や気づいた点を1日を通して記録していくことが必要です。患者様の不安な気持ちを親身に汲み取り、言葉だけでなく看護として対応していく能力が必要となってきます。

基本的な看護師になるための方法を紹介!

看護師の資格を取得するには3年課程の学校や4年課程のの大学に通う必要があります。
もしくは定時制の学校や通信教育と言う形をとっている学校に入学し、看護知識や技術を学びます。
専門学校や短期大学のメリットとしては、よりその学校の特色にあった専門的な学習がしやすいというメリットがあります。

 

看護大学での4年生課程では4年間かけて看護師の勉強することができるので、ゆとりを持って看護技術を学ぶことができます。
看護師の資格は三年以上の看護知識を学んでいれば取得可能なので、大学課程では看護師と保健師の資格を取ることが可能です。
その後、看護資格の国家試験を合格することで看護師免許が公布されます。

看護師の専門性を高める専門認定看護師とは

看護師の資格を取得した後に新たに専門看護師や認定看護師と言う資格があります。

これは高度の医療技術の進歩や医療の高度化によって、看護師1人に求められている看護知識や技術がより繊細なものになってきていることです。
よって看護師の専門性を高めより高度な医療にも対応できるよう、専門看護師認定看護師と言う資格を設けています。
専門看護の分野としては、老人看護や地域看護など様々な分野が分かれています。
専門看護師の資格を取得しているのは全国で200人程度と少なく、今後の看護師の活躍が期待されています。
専門看護師としてその分野におけるより水準が高い看護ケアを身に付けている看護師が活躍することが期待されています。
専門看護師になるには看護師資格はもちろんのこと保健師や助産師といった資格を取得していることが大前提です。
その上で看護系大学院の修士課程を卒業している方、看護協会が行っている専門看護分野のカリキュラムを26単位以上取得していることが必要です。
実務経験としては通算で5年以上は経験が必要です。
各の専門分野における実務経験が3年以上必要になるので、専門看護師を目指す方はその分野における診療が職場にあるのかどうかという事は事前に確認しておきましょう。
専門看護師としての認定は二次審査まであり、1次審査の書類審査が中心です。
二次審査では主に面接を行い認定審査に合格すると認定証が公布されます。

看護師の就職に役立つ情報サイトはこちら!

看護師の高給料、福利厚生の整った求人情報検索はならこちら!

 

看護師の派遣勤務でも好条件の職場で楽しく稼ぎたいならこちら!